ぐっすり眠るための 10 のアドバイス

  1. 睡眠時間は人それぞれです。日中の眠気で困らなければ、8時間にこだわることはありません。
  2. 床につく前の4時間はカフェイン摂取を避けてください。眠る前に自分なりのリラックス法(軽い読書、好きな音楽を聴く、ストレッチ、ぬるめのお風呂に入る、香りなど)を見つけましょう。
  3. 眠くなってから床につくようにしましょう。無理に寝ようとしないで下さい。
  4. 毎日、同じ時刻に起床しましょう。早起きして、太陽の光を浴びましょう。
  5. 眠る前は、部屋の照明を少し暗めにして、催眠作用のあるメラトニンを増やしましょう。
  6. 規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣が深い眠りを促進します。
  7. 昼寝をするなら午後3時前の 30 分間としてください。夜間の睡眠に悪い影響を与えず、日中の眠気を解消します。
  8. 眠りが浅い時は、むしろ積極的に遅寝、早起きをした方が熟睡感が増します。
  9. 睡眠薬代わりの寝酒は、深い眠りを減らし、夜中に目覚める原因となるのでやめて下さい。
  10. 睡眠薬や睡眠導入剤は、専門家の指示で正しく使えば安心です。一定時刻に服用し 30 分ほどで床につきましょう。絶対にアルコールと一緒に飲まないで下さい。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です